月世界で遭難(Wordファイル)

WS「月世界で遭難」のサムネイル「NASAゲーム」などと呼ばれる有名なコンセンサスゲームです。
進め方の概略は以下の通りです。
①遭難した状況の文章を読む。
②必要な物品のリストに優先順位をつける。(ここまでは個人作業)
③数人のグループで話し合ってグループとしての順位をつける。このとき大事なのが「一人が仕切らない」「黙っている人をつくらない」「多数決やじゃんけん等で決めない」などです。

これをワークシートにして使いやすくしました。上記の作業までをワークシートの表面にまとめています。後半はその裏側につくってあります。後半は次のように進めます。このコンセンサスゲームには解答があります。その解答を印刷して生徒に配布します。簡単な解説をしてから裏面の分析をさせます。その手順です。
④ウラ面のワークシートに「個人の答え」と「チームの答え」を書き写します。
⑤解答の順位を所定の欄に書き写す。
⑥「個人の答え」「チームの答え」と「解答」の差を計算し、その絶対値の和を出すと、「解答との距離(解答への近さ)」が数値として出てきます。

この結果はすばらしいものがあります。大半の生徒の数値は「個人の答え」より「チームの答え」が正解に近づきます。そこで「…というように対話や話し合いは正解に近づくとか、理解を深めるのに有効なんです。だから、物理の時間にはみんなの話し合いを重視した進め方をしましょう」と話します。生徒たちの感想も「話し合いが効果があるのがよくわかった」「もっと積極的に話をしようと思った」などが多く出てきます。
※このワークの出典は多すぎて明確にすることが出来ませんでした。ご存知の方がありましたら教えてください。これは以下のサイトを参考にしました。「Akio’s Log」(http://d.hatena.ne.jp/elwoodblues/20071119/1195464816)


ダウンロードはこちらからどうぞ(ワークシート・補足資料)
WS「月世界で遭難」

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*