【セミナー終了】主体的・対話的で深い学びをどう実現するか②

ご参加ありがとうございました
参加者の皆さんも講師も休憩を含めた6時間、変わらない集中力で深く考え続けました。
 まずは小林の話から始まりました。全国の学校を回る中で感じる最近の気がかり、これからの先生の役割、今までの時代とこれからの時代のリーダーシップとは、そして本日のプロセスの目標・・・丁寧で無駄のない説明は15分きっかりで終了し、いよいよ本題に入っていきます。
『あなたはなぜ授業改善に取り組むのですか?生徒・保護者・同僚などにどう説明しますか?』
 自分の考えを箇条書きで書き、お隣さんとプリントを交換して質問し合うことで深め、ブラッシュアップしました。さらに、お隣さんの考えで良いと感じた2つをホワイトボードに書いて、全体で共有します。詳しく知りたいこと、疑問に思うことなど、質問をしながらより深めていきます。
 ホワイトボードに書かれた考えのいくつかをピックアップして、小林が丁寧に補足し、質問を受けていきます。
 コンパクトな質問、思っていることの言語化は、とても難しい。小林のサポートで質問の核心をとらえてモヤモヤがすっきりしたり、また新たに疑問を感じたり・・・それぞれが深く考えることを続けていきます。
『あなたはなぜ授業改善に取り組むのですか?生徒・保護者・同僚などにどう説明しますか?』
 いろいろな考え方を加え、あらためて最後に自分の言葉で文章にしました。

 小林がブログでセミナーの感想を述べています。こちらからどうぞ。
 オープン講座は秋にも開催を検討しています。HP、ブログでご案内していきます。

SNSでもご購読できます。