【セミナー終了】アクティブラーニング入門講座2

ご参加ありがとうございました
入門講座1に引き続きご参加の方、新たに学習塾、大学、日本語学校の先生にもご参加いただきました。
『授業力をスキルと考える。誰でも、練習すればできるようになる。』
授業力は、人格とは無関係。練習しながら自分の技を言語化し、表現できるようになってほしいと小林は言います。
話は自己紹介から、哲学へと広がっていきます。

 


『グループワークが始まると、先生は暇になるからか、ついついこんなことを始めちゃうんですよね~』誰もがハッとする、生徒のためになっていると思ってしていた行動。
まさか生徒の学びを阻害していたとは・・・

 

黄色のカードに、自分が使っているスキルを、
緑のカードに、欲しいスキルを書き出しました。
チームで共有して、振り返りと気づきにつなげます。

 

授業改善をするために仕事を増やすことは避けるべきだと話します。
授業プリントをなるべく時間をかけずに作成する方法、机に貼る模造紙の処理のしかた、リフレクションカードへの検印、一見細かなことですが、継続するために大切なスキルかもしれません。

途中、具体的な質問がたくさんあがりました。
グループに介入するときの言葉のかけ方、何も反応を見せない生徒への対応方法、グループに入ることのできない生徒のフォローのしかた、安心安全の場を作るために心がけていること、ルールを浸透させるためのスキル・・・みなさんが日々、奮闘されていることが伺えます。
『空振りを恐れないこと。1回の授業ですべてを求めてはいけない。1年かけて変わっていけばよい。』

最後に、授業改善が求められる根本的な理由を、歴史的な背景やビジネス理論から解説しながらみなさんと考えました。生徒や保護者に丁寧に説明すること、学校全体の取り組みも必要になってきます。
12月に行う入門講座3&4では、組織開発・担任活動という切り口から、初心者にもわかりやすい内容を取り上げていきます。お申込は、こちらからどうぞ。

SNSでもご購読できます。